アフィリエイの広告収入を稼ぐヒント

バナー広告を張る位置は?


「バナー広告を張る位置はどこか良いか?」と考えれば、なるべく多くの訪問者にクリックして
もらえる位置が良いはずです。数多くクリックしてもらえれば、クリック保証型広告なら、
それだけで収入が倍増します。また成功報酬型広告ならば、成功報酬を受け取るチャンスが
増えることになります。では、「どの位置がクリックされ易いのか?」と考えれば、
一般的には「最初にページを開いた時にスクロールしなくてもバナー広告が
目に入る位置」
が良いと考えられています。
これは単純に「目に入る回数が増えれば、クリックされる機会も増える」ということです。
では、ホームページの最上部が最良か?というと、実はそうでもなさそうです。
それは、上部のバナー広告は視覚的には目立ちますが、ホームページのコンテンツと
見なされないからです。

実はバナー広告の位置によるクリック率の差は、それほど大きくなく、
広告内容や広告の設置の仕方によるクリック率の差のほうが断然大きくなっています。

バナー広告の数は?


バナー広告は目立ちますが、画像を読み込むのにそれなりの時間が必要です。
すべての訪問者がADSLなどの高速回線でインターネットへ接続しているとは限りません。

「自宅から、ADSL、CATV、光ファイバーなどのブロードバンド回線でインターネットに
アクセスしている人は、まだ全体の3分の1ぐらいのものです。

大きなバナー広告をこれでもか!と、たくさん並べるのは、
ページそのものが重たくなってしまいますし、視覚的な面でも逆効果です。
あまりたくさんバナー広告を張っているとアダルトサイトのように品のない
ホ―ムペ―ジになってしまう恐れがあります。

ホ―ムペ―ジのデザインを損なわない程度に控えめに広告を張ることが
大切です。あまり広告が多いと訪問者が敬遠してしまいます。

クリック保証型広告 VS 成功報酬型広告


訪問者は簡単にバナー広告のクリックをしてくれるとは限りません。
それは広告のクリックをしてくれるために訪れているわけではないからです。
それでも何とかクリックをしてくれたとします。しかし先の商品の購入等には慎重です。
商品の購入に比べると、まだクリック自体の方が確率が高いです。
そう考えるとクリック保証型広告の収入の確実性には大きな魅力があります。

しかし最近では、カラフルなバナー広告自体は珍しいものではなく、
単純にバナー広告を設置した場合のクリック率は、0.3〜1%前後と言われています
仮に、1日に 200PVのホームページに 1クリック 10円のクリック保証型バナー広告を
設置したとして、クリック率が0.5%であった場合の1ヶ月間の広告収入は、

200PV × 0.5% × 10円 × 30日 = 300円です。
1ヶ月間バナー広告を表示して、たったの300円?!
怒れますよね!!

実際、私もアフィリエイト始めた頃、「半年経って広告収入が
56円!!」
なんて情けない思いをしました。
これならば、成功報酬型広告を「工夫して設置」したほうが、
よほどましです。

しかし、インタ―ネット検索最大手のGoogle AdSense は別格です。

アドセンスは広告を貼り付けているウェブマスターに広告料の半額を支払うため、
広告料が上がれば上がる程、ウェブマスターに入る報酬は上昇します。
広告業界でクリック報酬が全盛の時代の頃でも、1クリック15円前後でしたが、
広告の種類によってはアドセンス報酬が1クリック50円〜100円以上になることが
あります。実際、当サイトでも、アフィリエイとサイトからの収入よりも
アドセンスからの収入の方が多くなっています。

ランダム表示バナー広告で目先を変える!


視覚的には目立つバナー広告でも、いつも同じ場所にいつも同じ広告があったのでは、
再訪問者は見慣れてしまいます。そうすると広告のクリック率は極端に落ちてきます。

そのためリロード毎に表示するバナー広告を変えたり、適当な間隔で表示する場所を
移動するのは良い方法です。
すでに、国内最大の広告代理店バリューコマース社では、バナー広告を表示するたびに、
自動で切り替わるローテーションバナー表示システムを導入しています。
他の広告代理店でも、ランダムでバナー広告を表示できる、
JAVAスクリプト等の使用方法を掲載したページを公開しています。

アクセストレード・・・・・JavaScriptによるランダムイメージバナー
トラフィックゲート・・・・・ローテーションバナーについて

バナー広告を飾る!


静止画のバナー広告よりは、動きのあるアニメーション広告のほうが視覚的には目立ちます。
更に、バナー広告のまわりに色をつけたり、テーブルで囲ったりして
特別な意味を持たせるという方法もあります。
しかし、この方法は小手先だけの対応策で、効果はあまり期待できない
かもしれません!?

バナー広告に説明文や推薦文を加える!


バナー広告の近辺にテキストで説明文や推薦文を加えると、
クリック数の増加(クリック率上昇)に抜群の効果があります。
バナー広告は視覚的には目立ちますが、広告サイトの詳しい内容説明はできません。
1行だけでもテキストで説明を加えれば、より多くの訪問者を広告サイトへ誘導できます。
説明文は、リンク先の広告サイトが「ユーザーにとってどのようなメリットがあるのか?」
をサイト管理者自身の言葉で表現することが重要です。
なぜなら、訪問者は売り手側の商売セ―ルス文句よりも、消費者から見た
生の声が知りたいわけなので、管理者自身の言葉は説得力があります。
説明文や推薦文を加えることで、何倍も売り上げが違って
来るというのは本当です。


テキスト広告を使う!


訪問者によっては、バナー広告を見ただけで、「広告=見る気はしない!」という人もいます。
その点、テキスト広告は表示が軽く、広告だという意識も薄れるので、
ホームページのコンテンツにマッチした内容であれば、バナー広告の数倍の効果を発揮します。

訪問者層を考える!


一番大切な事があります。それは「訪問者層にあったバナー広告やテキスト広告を設置する!」ということです。
あくまで訪問者は、ホームページのコンテンツを見に来ているのであって、
広告を見に来た訳ではありません。
例えばゲームで遊ぶ系のホームページなら、ゲームソフトの広告には、興味を持ってもらえる可能性は大です。
グルメ系のホームページならば、食品関連の広告がピッタリです。

訪問者層にマッチした、広告収入を得るためのコンテンツをつくる!


前述した内容は、すでに現存するホームページやコンテンツに広告を掲載することを考えた場合、
クリック率や収益率を上げるためには有効な方法です。
しかし、更に進化して「広告収入を得るためのコンテンツをつくる!」という方法もあります。
「え?何やら難しい?!・・・」と感じるかもしれませんが簡単です。
例えば音楽系のホームページならば、「インターネットでCDを購入できるショップリンク集」を、
自サイト内のコンテンツとして作成すれば良いのです。
もともと音楽に興味のある人が訪問してくれるのですから、
CDを購入する層とも重なります。
訪問者側からみても、便利で有益なコンテンツになります。

例 CDショッピングリンク集 管理者のコメントなど
ソニーミュージック
・・・・・・・
音楽 Amazon.co.jp ・・・・・・・
VIRGIN MEG@WEB
・・・・・・・
新星堂 ・・・・・・・
TSUTAYA online
・・・・・・・
HMV ・・・・・・・
@TOWER.JP
・・・・・・・


上記の「例 CDショッピングリンク集」の中では「音楽 Amazon.co.jp 」のみがテキスト広告になっています。
そして管理者のコメントの部分が前述した「バナー広告に説明文や推薦文を加える」という状態になっています。
訪問者が、もしリンク集に興味を示せば、自分の好みや管理者のコメントを参考に、
CDショップへ訪問するでしょうが 「広告をクリックした」という意識は殆どありません。
このように「広告を工夫して設置」すれば、ただ単にバナー広告を張り付けた場合の何倍もの効果を期待できます。
リンク部分には彩りや動きをつけるために、小さめのバナー広告( 88x31〜120x60程度 )を
使っても良いと思います。

※注意 音楽CDショップへは正しくリンクしていません。

バナー広告やテキスト広告を掲載するためのホームページをつくる!


更にもっと進化して!(笑)・・・・ホームページやコンテンツにバナー広告を設置するのではなく、
バナー広告を掲載するために「バナー広告にあったホームページをつくってしまう!」というのが
究極のアフィリエイトのワザ(業?技?)です。
こうなると広告そのものがホームページのコンテンツになります。
つまり、様々なショッピングサイトやオンラインサービスを紹介するコンテンツならば、それに該当するかもしれません。
バリューコマース社ではゲームサイトやショッピングサイト作成の為のテンプレートも配布しているので、
そういったものを利用したり、独自にバナー広告や商品画像広告、テキスト広告を
組み合わせれば、オリジナルショッピングサイトの作成も可能です。

データを活用する!


管理ページへログインすると掲載している広告についての様々なデータを見ることができます。
それは、「クリックされた数はどのくらいか?」・・「広告の表示回数は?」・・「成約数は?」などです。
PV(ページビュー = 広告の表示回数)はそこそこあるのに、まったくクリックされないのであれば、
広告とホームページの内容が合っていないのかもしれませんし、
「バナー広告近辺の説明文」が適切でない場合もあります。
クリックはされているのに注文や成約にならないのであれば、
広告サイト側に何らかか問題(※)があることも考えられます。
まったく成約にならない広告は、さっさと見切りをつけて、逆に人気のある広告は、
より注目されるように設置すれば、更にクリック率や注文率を上げることが出来ます。

※広告サイト側の問題とは・・・

・広告サイトの内容がわかりづらい。
・サービスの質が悪い。
・価格設定が良くない。
・ネットでの注文より電話での注文を推薦している等。(成約としてカウントされない)
・姉妹サイトなどへの広告やリンクが設置してあり、そちらへ訪問者が流れてしまう。
・広告サイトのデザインや使い勝手が悪く、訪問者が迷ってしまう。
・広告サイト内の記事やコメントが適切でなく、企業の信用性が確保されていない。
・注文・登録フォームの入力が難しい。(入力項目が多すぎる、オートコンプリートが効かない、
入力ミスで戻ったら全てリセットされてしまう・・・等)

・・・などです。広告を掲載する前に良く検討する必要があります。

どのような時にバナー広告がクリックされるか?


バナー広告で稼ぐための方法ということを、イロイロと考えてみましたが、何よりも大切なことは、
「自分ならどうするか?」 を考えることだと思います。
「自分が訪問者であった場合、目の前の広告をクリックするのか?」
「クリックするとすれば、いつするのか?」「しないとしたら、それはなぜか?」
・・・を考えることはとても大切です。

アフィリエイトを極める!


インターネット先進国アメリカでは、月に○○○○万円の成功報酬を受け取るアフィリエイトがいるそうです。
羨ましい!・・・更に詳しいアフィリエイトサイトの運営方法や広告掲載方法、
アフィリエイトプログラムの最新情報などに興味のある方は下記の広告代理店関連サイトへも訪問してみてください。
きっと広告収入を増やすための情報があるハズです。

チャンスメーカーネット・・・アフィリエイトプログラムの最新情報や無料メルマガなど
アフィリエイトショールーム・・・・・ちょっとしたショップを作りたいという人のための情報サイト
TRAFFIC GATE アフィリエイト 成功のヒント・・・・・アフィリエイトの魅力とは?


懸賞サイトの会員募集広告は魅力的!


成功報酬型広告で収入を得るには、普通はユーザー(お客さん)の出費が必要です。
当たり前と言えばそうなのですが・・・例えば、商品の売り上げの○○%が成功報酬ならば、
その商品を購入してもらわなければなりませんし、
有料コンテンツの会員募集の成功報酬広告ならば、
登録者の入会金が必要であったりします。
しかし例えば、オプトインメールを配信する懸賞サイトの会員登録等は、
入会金なし、その後の出費もなしの完全無料です。
つまりユーザーの出費を必要としませんし、商品代金の支払い手続きなどもないので、
とても成果を上げやすい広告と言えます。
使い方次第ではとても利用しやすい広告です。

確実に広告収入を得る方法とは?


広告主(マーチャント・ECサイト)を見渡せば、ありとあらゆる商品やサービス、会員募集、資料などが満載です。
そしてそれぞれに応じた成功報酬があり、大概はサイト管理者の自己購入でも広告料が支払われます。
せっかくホームページを運営して広告掲載サイトになったのなら、
その特典を大いに活用して広告料を頂くべきだと思います。

[注意] 自己購入でも広告料が支払われるかどうかは、そのケースや広告代理店・
広告主(マーチャント・ECサイト)によって異なります。
報酬獲得の為の不必要な資料請求等は不正な行為と見なされることもあるので、
必ず各広告代理店のFAQや規約を確認してください。


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー