アフィリエイトの用語を解説

アフィリエイト【affiliate】 加入する、提携する

アフィリエイトとは、企業と契約して自分の運営するWEBサイトに自分で選んだ広告を掲載し

自分のWEBサイトにアクセスしてきたユーザーが、その広告を経由して商品を購入するなど

条件を満たした場合に企業から報酬が支払われるというシステムのことです。

アフィリエイトプログラムともいいます)  


アフィリエイトサイト

アフィリエイトプログラムを提供している企業と契約して広告を掲載している
ホームページのことをいいます。


マーチャント

広告主のことをいいます。ECサイトやECマーチャントなどとも言われています。

バナー広告の持ち主のことをいいます。
                                                  
アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)

広告主(マーチャント)とアフィリエイトサイトの間に位置するアフィリエイトプログラムの
運営代行サービスを行うサイトのことをいいます。

このサイトに企業の広告が数社〜十数社、大手のアフィリエイトサービスプロバイダでは、
数百社の企業広告が紹介されています。

不動産で例えますと、家主と私を結ぶ『不動産会社』のような位置関係でしょうか。


リンクスタッフ

広告主(マーチャント)とアフィリエイトサイトが直接契約をすんだ状態のことをいいます。

間にアフィリエイトサービスプロバイダが存在しません。



バナー広告【Banner】旗、広告

商品の写真などを使用したインターネット広告のことをいいます。
テレビで流れているコマーシャルのようなものだとお考えください。

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)にはさまざまな種類や
サイズのバナー広告が用意されています。

リンクスタッフ

広告主(マーチャント)とアフィリエイトサイトが直接契約をすんだ状態のことをいいます。

間にアフィリエイトサービスプロバイダが存在しません。


2-TIER(トゥーティアー)プログラム

広告掲載サイトが新たに紹介した広告掲載サイトの売上も報酬対象となるシステムを
2-TIER(トゥーティアー)プログラムと呼びます。
TIER(ティアー)とは階層を意味する言葉で 3-TIER ならば、
3階層まで報酬対象となります。
多段階の報酬システムは国内では始ったばかりですが、
アフィリエイトプログラム先進国のアメリカでは一般的な報酬体系です。

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー